転職者とのマッチング効果を高めるために必要なこと

  1. ブログ
  2. 4 view

以下の記事を読んで思ったことを忘れないように書いておこうと思ったら…いつから?日経新聞のwebサイトの記事横にnoteのリンクアイコンがあったって…知ってました?

左から、保存以外のSNSの並びでnote、Twitter、Facebook!
自分も時々こうやって使いながら気づいていなかったものだから、noteが存在感高めていることを知ってなんだか、おぉ!って感じで冒頭に書きたくなりました。

 

さて、本題。

企業の人事部向けに転職希望者の信用調査を支援するサービス開始。

エン・ジャパン、転職者の第三者評価支援 元上司・取引先がウェブ回答

転職者の元上司や取引先などにメールで働きぶりを聞き、採否の参考にできる。ウェブ上で完結するため、従来の電話で問い合わせる方法に比べ手間を省ける。多面的な情報から人物を評価し、人材のミスマッチを防ぎたい企業の需要を取り込む。


従来は電話で対応していたが…って、今でも電話が残っていたことに驚くし、やらないよりやった方がいいとは思うけど、この制度ってどうなんだろうなぁと思うんですよね。

人材確保にかかるコストが相当でも、いい人がジョインしてくれて定着すれば投資。ミスマッチで定着しなくて流れてしまえば損金。同じお金を使うなら投資にしたいのは、どこも同じ。
自社人事で見抜けないところを、前の職場評価を参考にする…ってことで、なんとかマッチング勝率を上げようということでしょうけど、環境で人の能力って発揮できたりできなかったりもあると思ってる自分からすると、どの程度わかるのかなぁと。
もちろん第三者評価は大事、必要だと思う、とても。難しいですね。

 

って、ここで昔あったことを白状しちゃうけど。

以前在籍した企業で、形式的に私が直接関係する部署の部門長を兼任していた人、Aさんとする。


Aさんとは、1年くらい一緒に仕事をしたかな。結構きつく当たられ、後から考えると、ちょっと精神的に追い込まれた感が残った相手。

いつの間にか退職していて、存在も忘れていた2年後くらいに、こういう転職支援会社から部署に電話がかかってきて、その人を知らないメンバーが電話をとって私に取り次ごうとしたけど、いいこと言ってあげられる気になれなくて「Aさんを知る人が今はいませんと言って」と出なかった。

仕事ができるハイスペックスキルはあるけど、コミュニケーションにイマイチ難があるとか、行動傾向について思うところを晒すなんて、正直できないし。新しい扉を開けて転職していこうとするAさんに、応援こそすれ今さらネガティブなことをいう気にはなれなかったから。


それに正直にネガティブ含むことを言ったところで、誰の得になるというのか、と今でもその判断に後悔はない。

 

じゃ、どうしたらいいか。企業のサービスに疑問を投げかけて終わるのも何なので、ちょっと考えてみた。

転職時に思い起こしてする評価ではなくて、その当時にどんな人からどんなことに対してどんな評価を得ていたのか、在籍時の評価をのちに加筆修正することなく、きちんとどこかのサーバー(サービス)で管理して見られるようになっていたらどうだろう。学校の在籍時評価みたいなもので、企業の事業内容や仕事の範囲、レベルなども考慮しつつ評価を見られるのではないか。

 

もう一つは、その企業のことをよく知る状態になっている外部の人に面接に入ってもらい、当人のスキルや人柄、行動傾向と共に、その会社の風土や上司の人柄等とのマッチングを見てもらうというのはどうだろうか。

いや、やってるよ、という声も聞こえそうだけど
これ、10年くらい前に転職支援会社に提案したら、そんなことしてたら数字が挙げられないからあり得ない、と言われてボツになった企画。

どうですかね?やっぱりダメかな???などと考えて読んだ。

 

【イベント・ワークショップのご案内】

開催情報はPeatixに掲載しているので、確認いただけたら嬉しいです。

 

※本文はnoteに2020/10/16に掲載したものを転載しています。

Keiko OKADA

自分らしいキャリア選択を支援するユニキャリアを主宰&プロフィールスタイリスト。
簡潔に自身を伝え、読み手を動かす「未来型プロフィール」の事業化に注力しながら、事業の推進サポートや企業のアドバイザー、経営者のメンタリングに従事。得意なことは、人や組織、モノの潜在的なポジティブアイコンのスイッチを見いだすこと。
ソーシャルシネマの上映会や教育関連のイベント企画の他、音声や動画配信をとおして、イイヒト、イイモノ、イイコトを発信するファシリテーターも担う。最高5kmしか走らないランナーながら、50人を超えるメンバーを擁するランチームの部長で、年に数回の駅伝イベント&打ち上げ飲み会が趣味のひとつ。地方創成プロジェクトの熱中小学校を展開する(一社)熱中学園理事でもある。

熱中小学校理事
タカとケイコの食&旅チャンネル
ユニキャリア・チャンネル
thinkaeroアンバサダー
みんなでサバイ

記事一覧

関連記事

オンラインミニセミナーを開催してみた

今年から取り組んでいるワークショップ【未来型プロフィール】について、より気軽に、そのエッセンスを知ってもらいたいと、5月末~6月初旬にZOOMでのオンラインミニセミナー…

  • 2 view

自分を表現するプロフィールの作り方

先程、完全オンラインでの「未来型プロフィールをつくろう」のワークショップの第3回目が終了しました。昨年から計画して、1月から始めた、この公開ワークショップ。当然…

  • 3 view

stand.fmやってみた

先日、dabelっていうアプリで、カンボジアに住むPokoさんと「駄弁る」…まぁ要するに井戸端会議的に話をしました。リンクから抽出すると"ダベル" の主要機能は「…

  • 9 view

これからの仕事術として大切になること

noteで “#これからの仕事術” という#(ハッシュタグ)が目に留まり連想したのが、最近ふと自分の口から出た言葉。その瞬間は大切だと思ったのに消えかけるところ…

  • 3 view