これからの仕事術として大切になること

  1. ブログ
  2. 3 view

noteで “#これからの仕事術” という#(ハッシュタグ)が目に留まり

連想したのが、最近ふと自分の口から出た言葉。その瞬間は大切だと思ったのに消えかけるところだったと気づいて、今ここに書いておく。

 

この「ふと」というのが大事だと考えている。無意識に出た言葉に自分がハッとするときは、まだその思考や言葉が自分の中での確信に至っているわけではなく、勝手に発酵して出たガスのようなもの。

でも、それを空気に溶かすことなく手に取って眺めて観察してみると、なるほど、と味わい深いものだったりするからだ。いや、逆にそうするのも自分の見立て(意味づけ)によるわけだが、これこそ自分の中から出たユニーク(唯一)なので大事にしたい。

 

何も凄い話ではない。前述のとおりガスのようなものなので、結論から書こう。(勝手に自分で期待感を煽るような書き出しにして戸惑ってる笑)

 

今後ますます自分のことを語れる必要がある

 

1.「○○会社の誰々」と言えばよかった時代が長かった。

2.いやいや、それで?という風潮が出てきて、「〇〇会社で何をしているか」を語れることが必要になった。(または、語らせてほしい人々の出現)

3.さらに「なぜそれをしているのか、それをとおして何を実現したいのか」を互いに聞き合いたい空気感も出てきている。

 

これら1,2,3は段階説ではないけれど、私が皮膚で感じる時代の変化であることは確かだ。

 

そして、個人事業主、フリーランスの我らよ。

「フリーランスです」って言ってはいないか。これって「会社員です」って言っているのと同じだ。「個人事業主のデザイナーです」だなんて、「〇〇会社で営業やってます」しか伝えられていない。

名を知られている大企業に勤める方々ででさえ、今やその名の仕事であるかどうかもわからないほど、仕事は多岐にわたり細分化されていたりするから、上で言うところの、2を語り、さらに3を語って自分を表現しようとしている。

ましてや個人事業主が自分の想いでつけた屋号から、何をしている人だなんて伝わることはほぼない。

だとしたら、余計に語るべき言葉を持つ必要がある。

 

会社員が多数で、個人事業主やフリーランスが珍しい時代には、それだけで「へぇ、なにやってるの?」なんて聞いてもらえたかもしれないけれど、今や副業で何かしている人も含めたら、フリーランス的な働き方をしている人も多々。目の前の自分が何であるか、語らなければ伝わらない。そもそも興味を持ってもらえることすら難しい。

じゃ、どうする?

 

手前味噌だけど、その一助になるワークショップをやっている。

開催情報はPeatixに掲載しているので、確認いただけたら嬉しいです。

 

※本文はnoteに2020/07/04に掲載したものを転載しています。

Keiko OKADA

自分らしいキャリア選択を支援するユニキャリアを主宰&プロフィールスタイリスト。
簡潔に自身を伝え、読み手を動かす「未来型プロフィール」の事業化に注力しながら、事業の推進サポートや企業のアドバイザー、経営者のメンタリングに従事。得意なことは、人や組織、モノの潜在的なポジティブアイコンのスイッチを見いだすこと。
ソーシャルシネマの上映会や教育関連のイベント企画の他、音声や動画配信をとおして、イイヒト、イイモノ、イイコトを発信するファシリテーターも担う。最高5kmしか走らないランナーながら、50人を超えるメンバーを擁するランチームの部長で、年に数回の駅伝イベント&打ち上げ飲み会が趣味のひとつ。地方創成プロジェクトの熱中小学校を展開する(一社)熱中学園理事でもある。

熱中小学校理事
タカとケイコの食&旅チャンネル
ユニキャリア・チャンネル
thinkaeroアンバサダー
みんなでサバイ

記事一覧

関連記事

「未来型プロフィール」のロゴについて

2020年初から立ち上げた「未来型プロフィールをつくろう」のプロジェクト。いちいち名前が長いので、今秋からは略称「ミラプロ」と(身内2名だけで)呼んでいます。さて、この…

  • 11 view

③未来型プロフィールができるまで

「beの肩書き」というキーワードに惹かれ、自分自身を表現する言葉を見つけようとワークショップに参加。そこで、ちょっと消化不良を起こして問題意識を持つメンバーと議論して、…

  • 9 view

オンラインミニセミナーを開催してみた

今年から取り組んでいるワークショップ【未来型プロフィール】について、より気軽に、そのエッセンスを知ってもらいたいと、5月末~6月初旬にZOOMでのオンラインミニセミナー…

  • 2 view